未成年の18歳や19歳はキャッシングはOKなんですか?

MENU

未成年が金融業者の審査に通過することはムリ!?

 

 

日本では未成年の契約行為は認められていないため、銀行や消費者金融で単独での契約は出来ません。

 

未成年者は契約の取り消しが出来るため、金融業社は取り消しになると貸し倒れになってしまい、単独で融資を受けようとしても相手にもされないでしょう。

 

では、どうしてもお金を借りたい時はどうすればいいのでしょうか?

 

カードローン会社などで融資を受けるには、

 

・毎月安定した収入がある
・成人している事

 

...などが条件ですが、学生ではなく働いて、収入がある社会人でも18歳〜19歳の未成年者では借入は無理です。

 

ただし、親権者の同意があれば、自分の名義で借入が出来るキャッシング会社もあります。

 

すぐに両親が同意してくれれば話は早いのですが、「金融機関で融資を受ける=借金をする」ということです。

 

自分の子供に借金をさせる事は喜んで同意できる内容ではありません。

 

だからといって保護者の同意欄に「自分でサインしちゃえ!」と勝手に父親の名前を書くとどうなるでしょうか?

 

まず、勝手に名前を書かれた父親に確認の電話がはいります。

 

ここで勝手にサインをしたことがバレ、家族にも金融機関からも信用を失うことになるでしょう。

 

書面のみで済ませる金融会社もありますが、仮に書面のみで電話での確認もなくバレずに融資を受けられたとしても、これは私文書偽装罪という立派な犯罪となり、警察のお世話になる事になります。

 

また、未成年者の場合は連帯保証人が必要になる事があり、その場合保証人になれるのは親族に限られますので、どちらにしても両親の同意は必要ということです。

 

最近ではネットで探せば未成年でも融資をしてくれる金融会社もありますが、そういった会社はヤミ金などの暴力団関係者が関わっていることが多く、後々トラブルになりかねませんので利用はしないでください。

 

融資を受ける事は100%無理というわけではないので、まずは両親の説得から始めましょう。