公務員は消費者金融や銀行でキャッシングできる?

MENU

公務員であれば融資審査は有利!?

 

 

カードローンによるキャッシングには審査が必ずありますが、実は職種によってランク分けされているとも言われています。

 

目安はやはり安定度であり、収入や雇用形態が安定しているほど信用力は高く、高ランクに位置するようです。

 

国家公務員や地方公務員程圧倒的に安定した職業は無いといえるのではないでしょうか?

 

他の職種に比べて将来の不安もそこまで考える必要もありませんし国家公務員共済組合の共済組合員でもありますので万が一の時も安心です。

 

これほど安定した職種は無く人気職業と言われるのも納得です。

 

消費者金融や銀行カードローンだけでなく公務員専用カードローンやKKRカードといったサービスもあります。

 

金利も公務員ならではの優遇で設定されており利用しやすいです。

 

但し働き始めたばかりで勤続年数が半年にもみたない場合や、過去に債務整理の経験がある方、ブラックリストいりしていると貸付をしてもらえない場合がありますので要注意です。

 

いくら公務員といえど信用力に欠けるような人には融資をしませんので、その点だけは勘違されないように。

 

公務員であれば銀行のような審査の厳しい金融業者でも利用できる可能性は高いです。

 

銀行ならではの低金利で借入れをするほうがより賢い選択といえるでしょう。

 

但し審査に時間がかかるのが難点ではあります。

 

審査期間は1週間前後と見たほうが良いでしょう。

 

急ぎでない場合は銀行を利用するのに問題ありませんが、直ぐにでも借金したい場合は消費者金融のほうが良いかもしれません。

 

消費者金融は金利こそ高めですが申し込んだその日にキャッシング出来る場合が多いですから、急な出費の時には最適です。

 

即日でお金を借りるための条件や注意点はこちらを参考に⇒今すぐお金を借りたい!どうすれば借りることが可能?

 

利用限度額は総量規制の関係上年収の3分の1程度となります。

 

但し初回は希望額よりも低めに設定されることが殆どですからご注意下さい。

 

 

公務員は安定的な職業ではありますが、借金は計画的にしないといけません。

 

無計画にお金を借りて自己破産してしまう方だった多いのです。本当に緊急で要するとき以外は出来るだけ借り入れはしないように心がけたいものです。


 

公務員は消費者金融や銀行でキャッシングできる?記事一覧

命の危険のある仕事として挙げられるのが消防士であり、日々危険と隣り合わせで業務に励んでいます。消防士だってたまの休日には、思いっ切り羽根を伸ばしてデートやショッピングなどを楽しみたいものです。しかし外出するためには、ある程度お金に余裕が無ければいけません。もし給料日前などで、お金が不足してしまっている時には、銀行や消費者金融(サラ金)のカードローンで資金調達をしてみてはいかがでしょうか?特に大手消...