キャバクラ嬢 キャッシング

MENU

キャバ嬢は金融業者のお金を借りる審査に通るのか?

 

 

キャバクラ嬢や風俗嬢、ホストといった夜の仕事をしている方が、消費者金融や銀行系カードローンでキャッシングをするにはいくつか注意点があります。

 

ここではいわゆる水商売をされている方がお金を借りるための秘訣をお教えしたいと思います。

 

カードローンを利用するためには審査に通過し借用書を発行してもらうまでが必要となります。

 

 

まず、カードローンの審査では年収や勤続年数など収入に関する情報等を申告します。

 

借入れしたいがために虚偽の申告をする方もいますがバレますので、正直に申告をしましょう。

 

キャバクラのアルバイトで年収がそこまで多くなくても毎月安定していれば借入することは十分に可能です。

 

審査には書類も必要となります。

 

 

本人確認書と収入証明書です。

 

当然ですがお店(キャバクラ店)の名刺では通りませんので、運転免許証やを用意しましょう。

 

収入証明書は直近2ヶ月分の給与明細が主です。

 

中には偽装会社のアリバイ会社を利用して書類を作成してもらう方もいらっしゃいますが、詐欺罪に問われますので絶対に利用しないで下さい。

 

 

審査基準は収入が安定しているかどうかが一番重要視される傾向にあります。

 

決して職種によってではないようです。

 

ですからキャバクラ勤めだから借りれないといったことではありません。

 

あくまで収入形態が安定しているかに重きが置かれます。

 

 

また、審査には必ず在籍確認の電話が行われます。

 

個人名で電話しますので勤務先のお店にバレることはありませんが注意点が一つあります。

 

それは源氏名ではなく本名で本人確認を行いますので、勤務先に自分の本名を伝えておくことです。

 

でないと在籍確認が取れず審査落ちしますので、注意しましょう。

 

勤務先のキャバクラ店には「クレジットカードを作るので」と伝えておけばよいでしょう。

 

 

消費者金融であれば最短即日融資も可能ですので、直ぐにでも借金する必要がある場合は利用することをオススメします。

 

キャバ嬢の利用限度額は初回は少なめですので、増額を考えている場合は、最低でも三ヶ月〜半年ぐらいは実績を積んでからが良いかと思います。

 

生活費の足しや急な出費に対応するために便利なカードローンですが、借入れは計画的にしましょう。